/

LGBT法案、自民特命委「了解」

自民党性的指向・性自認に関する特命委員会の稲田朋美委員長(24日、党本部)

自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会(稲田朋美委員長)は24日、党本部で会合を開いた。LGBTなど性的少数者への理解増進を目的とする議員立法の法案を審査した。特命委の新藤義孝幹事長は会合後、記者団に「党内手続きを進めることを了解いただいた」と述べた。

稲田氏は「懸念を払拭し今国会成立を目指したい」と語った。会合では「差別は許されない」などの法案の文言を巡り異論も相次ぎ、およそ3時間半にわたった。

中谷元衆院議員は会議で「現実に困っている人が増え、受け入れる国民的な感情も高まってきている」と法案に賛成した。

衛藤晟一参院議員は会合後、記者団に「まだ了解していない」と強調した。西田昌司参院議員は「立法の趣旨と意味をしっかり国会で議論する。今日のまとめ方はそういうことだ」と説いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン