/

この記事は会員限定です

新首相の初舞台、所信表明 「説明力」印象づけるか

政界Zoom

[有料会員限定]

自民党の岸田文雄総裁は首相に就任すると所信表明演説に臨む。政治理念や取り組みたい政策を説く。首相としての初舞台は印象に残りトップリーダーとしての「説明力」も試される。中曽根康弘、小泉純一郎両氏らの演説を振り返ると、のちに手がけた重点政策のヒントも盛り込まれてきた。

■中曽根康弘氏 「行政改革の推進に一層の努力を傾ける決意だ」。1982年の初の所信表明演説で行政改革へ思いを込めた。のちに日本国有鉄道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン