/

この記事は会員限定です

商工中金、政府が保有株売却で調整 今国会に法改正案

[有料会員限定]

経済産業省は政府が46%出資する商工組合中央金庫(商工中金)について、保有株をすべて売却する方向で調整に入った。商工中金法改正案の今通常国会への提出を目指す。危機対応業務は引き続き委託し、財政支援を続ける。

経産省は2022年12月から有識者の検討会で議論しており、民営化に賛成する意見が大半を占めた。検討会の結論を踏まえ改正案の内容を詰める。全株を売却すると1000億円を超える可能性がある。売却...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません