/

この記事は会員限定です

人口動態コロナの影濃く 21年婚姻4%減、出生減拍車も

(更新) [有料会員限定]

長引く新型コロナウイルス禍が人口減少に拍車をかけている。2021年の人口動態統計(速報値)は出生数が過去最少を更新。将来の出生数を左右する婚姻件数は戦後最少となった。少子化に伴う人口減は社会保障の支え手不足につながり、経済成長を制約する。少子化対策の一段のテコ入れが欠かせない。

婚姻件数、戦後ピーク時から半数以下に

コロナ禍の2年で際立ったのは婚姻件数の減少だ。21年の件数は51万4242組で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン