/

この記事は会員限定です

日中首脳会談を評価46%、日韓は48% 本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で岸田文雄首相と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が初めて会談した結果について尋ねた。「評価する」は46%で「評価しない」の34%を上回った。

日中首脳が対面で会談するのは2019年12月以来およそ3年ぶりだった。沖縄県・尖閣諸島や台湾などを巡る問題を踏まえ、あらゆるレベルの対話を継続することで合意し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません