/

河野氏、政高党低巡る発言撤回 「不適切だったと反省」

自民党総裁選に出馬した河野太郎規制改革相は24日、首相官邸が政策決定を主導する「政高党低」を巡る自身の発言の一部を撤回した。21日の「部会でぎゃーぎゃーやってるより副大臣、政務官チームをなかば非公式に作ったらどうか」との発言について「不適切だった」と陳謝した。

国会内で記者団の取材に答えた。河野氏は「いちばん部会でぎゃーぎゃー言っていたのは私ではないかと思い、不適切だったと反省している。おわびして取り消したい」と述べた。

発言の真意を「副大臣や政務官の担当が明確になり支える議員のチームがつくれれば、一緒に政策を築けるようになり政だの党だのという境もなくなる」と説明した。

河野氏は「政高党低じゃないと困る。国会で説明責任を果たすのは政府だ」と話し、党内から批判が上がっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン