/

この記事は会員限定です

景気判断、1年3カ月ぶり上方修正 財務省の1月報告

[有料会員限定]

財務省は25日、全国財務局長会議を開き1月の経済情勢報告をまとめた。全体の景気判断を1年3カ月ぶりに引き上げた。個人消費が堅調なほか、新型コロナウイルス禍によるサプライチェーン(供給網)の混乱緩和により、自動車生産に持ち直しの動きが見られた。

総括判断は、コロナウイルスや原材料価格の高騰が影響しているものの「緩やかに持ち直している」とした。2021年10月の前回判断では「(持ち直しの)テンポが緩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン