/

「予約なし接種」取りやめ 自衛隊の大規模会場

新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの東京会場に向かう人たち=10日午後、東京・大手町

防衛省は24日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で予約のない来場者への接種を28日以降は取りやめると発表した。キャンセル待ちで予約せずに訪れる人が増え、会場運営に支障が出ているという。必ず前日までに予約を取って来場するよう改めて呼びかける。

28日~7月4日接種分のネット予約は26日午前0時から始める。防衛省のホームページや対話アプリ「LINE」から専用サイトに入り、接種日の前日まで予約できる。

28日以降の予約は既に大半が2回目に接種する人の予約で埋まっており、1回目の接種を受ける人の予約は限られる。こうした人の予約枠を広げるため、東京で1日1万人、大阪で5000人の接種人数を28日以降はそれぞれ300人、75人増やして対応する。

中山泰秀防衛副大臣は24日の記者会見で「予約のない方へのワクチン接種は一切行わないこととした」と明言した。「深夜からの順番待ちが常態化し憂慮している。運営にあたる医療従事者の負担になっている」と説明した。

防衛省はこれまでも、必ず事前に予約をして来場するよう呼びかけていた。実際には予約を取らず来場する人に対し、当日のキャンセルで生じた空きを使い、接種するケースがあった。

防衛省によると17日に18歳以上を接種対象に加え、それ以降、予約なしで来場する人が増えた。前日から夜通しで並ぶ人もいるという。23日は東京で211人、大阪で69人が予約なしで接種を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン