/

高橋洋一参与が辞任 首相「本人が大変反省」 

(更新)
高橋洋一氏

政府は24日、高橋洋一内閣官房参与が同日付で退職する人事を発表した。高橋氏は自身のツイッターで新型コロナウイルスの感染状況を「さざ波」と投稿するなど批判を浴びていた。

菅義偉首相は24日、高橋氏本人から辞任の申し出があったと明らかにした。「大変申し訳ない、これ以上迷惑をかけられないと辞任された。大変反省していた」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。

高橋氏は21日にツイッターで、新型コロナの緊急事態宣言について「欧米から見れば、戒厳令でもなく『屁(へ)みたいな』もの」と投稿した。24日に「不適切表現を改める」と陳謝した。

9日には国内の感染状況を「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイートした。首相は13日、高橋氏から謝罪があったと説明し「非常に残念だ」と話していた。立憲民主党の枝野幸男代表は24日の役員会で「総理の見識が問われる」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン