/

世界景気2年ぶり下方修正 5月の月例報告、中国リスク

政府は25日にまとめた5月の月例経済報告で、世界景気の基調判断を「一部の地域において足踏みがみられるものの、持ち直している」に引き下げた。下方修正は20年4月以来、2年1カ月ぶり。上海などのロックダウンで中国経済が減速する影響を重く見た。

4月は「新型コロナウイルス感染症による影響が緩和される中で、持ち直している」との判断を示していた。政府は今回の判断の変更を下方修正だと説明している。ロックダウンの影響で上海は4月の生産が前年比62.6%減少し、中国全体でも2.9%減った。悪影響は中国の消費にも広がっており、4月の小売消費は11.1%減だった。米国やユーロ圏の経済については前月の判断を維持した。

国内景気の総括判断は「持ち直しの動きがみられる」を変えていないが、説明のなかで「新型コロナウイルスの影響」に言及しなかった。新型コロナに触れなかったのは20年2月以来、2年3カ月ぶりだ。

分野別には住宅建設と雇用情勢の判断を引き上げた。住宅の引き上げは8カ月ぶり。マンションなどの着工が進んだことを受けた。雇用情勢は失業率の低下や求人数の増加を背景に5カ月ぶりに上昇修正した。中国の活動制限の影響で、輸入は下方修正した。

消費者物価の表現も変更した。4月までの「緩やかに上昇している」から「上昇している」に変えた。消費者物価の「上昇」表現は、判断材料を生鮮食品およびエネルギーを除く指数に変更した2007年12月以来初めて。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン