/

この記事は会員限定です

原子力規制委に政治が圧力 安全確保と活用、両立が課題

[有料会員限定]

政府・自民党が原子力発電所の安全規制を担う原子力規制委員会への圧力を強めている。自民党は審査の「遅延」を指摘し、岸田文雄首相は「合理化」を訴える。東京電力福島第1原発事故後、再稼働が進まないことにいらだちを見せる。電力不足の懸念から政府は稼働拡大を目指すが、規制委の判断に過度に介入すれば安全性が損なわれる懸念もある。

「審査の多くが行政手続法上の標準処理期間である2年をはるかに超えて遅延している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン