/

防衛費「抜本的な増額を」 自民部会が提言

F-35A(5日、愛知県豊山町の三菱重工小牧南工場)

自民党国防部会は24日、防衛関係費の抜本的な増額を政府に求める提言をまとめた。2019~23年度の現行の中期防衛力整備計画を見直し、必要な防衛装備品を確保するよう要請した。

同日の安全保障調査会との合同会議で提言を了承した。近く政府に提出する。中国の軍事力増強の動きを踏まえ「これまでにない速度で防衛力を強化することが不可欠だ」と指摘した。

次期戦闘機など将来の装備品の研究開発費も大幅に増やすよう提案した。装備品を開発・生産するための防衛産業の強化も求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン