/

この記事は会員限定です

新規国債36.9兆円、金利上昇なら金融機関に評価損

[有料会員限定]

政府が24日閣議決定した2022年度予算案では新規国債発行額が36.9兆円となった。税収を過去最大に見積もったため21年度の当初予算比で6.6兆円の減額となる。ただ税収で返済しなければならない普通国債の残高は22年3月末に1026.5兆円まで膨らむ。巨額の債務が日本の財政の先行きに重くのしかかる。

22年度の利払い費は8.5兆円を見込む。日銀は13年春の黒田東彦総裁の就任後、超金融緩和の一環で国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン