/

この記事は会員限定です

3回目接種、6カ月後へ前倒しの基準提示へ 厚労省

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種をめぐり、2回目との間隔を8カ月以上ではなく例外的に6カ月以上に前倒しができる場合について、後藤茂之厚生労働相は24日の閣議後記者会見で「具体的な基準の作成を進めている」と明らかにした。提示時期については「12月1日から追加接種が開始されることをふまえてなるべく早くお示ししたい」と述べた。

同省は海外の先行事例などをふまえて3回目接種の時期を2回目から原則8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン