/

クアッド首脳会議後の岸田首相の会見要旨

インド太平洋への投資、5年で500億ドル以上

岸田文雄首相の記者会見の要旨は次の通り。

【冒頭発言】

米国のバイデン大統領、インドのモディ首相、オーストラリアのアルバニージー首相を招き、私が議長を務め首脳会議を開催した。4首脳でウクライナ情勢がインド太平洋地域に及ぼす影響について率直に議論した。

インドも参加する形で、ウクライナでの悲惨な紛争について懸念を表明し、法の支配や主権、領土の一体性といった諸原則はいかなる地域でも守らなければならないことを確認した。

核・ミサイル活動を活発化させる北朝鮮についても議論した。北朝鮮の完全な非核化に向けた連携で一致した。北朝鮮で深刻な新型コロナウイルスの感染状況に関して地理的な空白を作らないということも議論があった。拉致問題の即時解決の必要性について4カ国で一致した。

東・南シナ海での力による一方的な現状変更の試みへの深刻な懸念や、ミャンマー情勢への対応なども議論をした。

新型コロナワクチン分野では4カ国共同での供給が進んでいる。国際協力銀行(JBIC)とインド輸出入銀行で総額1億ドルの医療分野へ支援する融資契約の調印を含め協力も進展している。

インフラ分野はインド太平洋地域において今後5年間で500億ドル以上のさらなる投資を目指していくことを発表した。債務問題に直面する諸国の能力強化に取り組むことで一致した。

インド太平洋地域は自然災害が多く、気候変動などに脆弱な国が多い。今回、宇宙分野で4カ国が保有する衛星情報を地域諸国に提供する取り組みを立ち上げた。防災、気候変動対策、海洋資源の持続可能な活用などにつなげる。

地域の自然災害にいっそう効果的に対応する人道支援、災害救援分野での4カ国の連携を強化するパートナーシップも合意できた。海洋安全保障の分野では地域諸国間の情報共有を促進するため、海洋状況把握の新たなイニシアチブを4首脳で歓迎した。

ロシアによるウクライナ侵略という国際秩序の根幹を揺るがす事態が発生するなかで、4首脳のコミットメントを世界に力強く発信することができたことは極めて大きな意義がある。

アルバニージー首相から来年の首脳会議を豪州で開催するとの提案があった。自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた4カ国の連携をいっそう強化していきたい。

【質疑】

――ウクライナ情勢をめぐってロシア寄りとされる中国とインドで思惑が一致していると言われています。

「日米豪印の枠組みは自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて幅広く議論をする場だ。特定の国を対象にしない。今回は東・南シナ海での一方的な現状変更の試みへの深刻な懸念を含め、いくつかの地域情勢について率直な意見交換をした。ウクライナ情勢を含め、法の支配や主権、領土の一体性などの重要性を再確認できた」

――ロシアへの対応でインドは中立的な立場を示す一方、日米豪は強く非難しています。

「国際情勢について各国の歴史的な経緯や地理的状況に鑑みて同志国の間でも立場が完全に一致しないこともある。それを前提として相互の理解を深め、協力の輪を広げていくのが重要だ」

「日米豪印は協力を積み上げてきた。立場の違いがあっても世界に一致したメッセージを発することができた。このことの意味は大変大きい。率直な意見交換はこれからも続けたい」

――4カ国は米国が主導するインド太平洋経済枠組み(IPEF)に参加しました。環太平洋経済連携協定(TPP)や東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)など既存の枠組みとどう整理しますか。

「RCEPやTPPに参加していない米国やインドがIPEFに入っていることは大きなポイントだ。IPEFは持続可能で包摂的な経済成長をインド太平洋で実現していく取り組みだ」

「日本としては米国のTPP復帰が望ましいと思っている。米国への働きかけをこれからも続けることは変わらない」

――日本と豪州はクアッドを強化するために何ができますか。米英豪の安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」とどう連携しますか。

「日豪は基本的価値と戦略的利益を共有する特別なパートナーだ。自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて安全保障、防衛協力を推進していくことは極めて重要だ」

「オーカスはインド太平洋地域の平和と安定に資する。日本として取り組みを支持する。日本がオーカスに入ることは考えていないが、様々な形で連携を強化していく」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン氏来日

岸田文雄首相との日米首脳会談や日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議、来日前の尹錫悦(ユン・ソンニョル)韓国大統領との会談などに関する最新のニュースと解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン