/

国交相、統計不正答弁「正確と言い難い部分あった」

斉藤鉄夫国土交通相は24日の衆院予算委員会で、国交省の建設工事受注動態統計の書き換えを巡る自身の答弁を釈明した。2020年1月以降は正しい手法に改善したと21年12月に説明したが、20年1月以降も「正確とは言えない部分があった」と述べた。

当時の自らの答弁は「事実を正確に反映した表現とは言い難い部分があった」と語った。岸田文雄首相は「問題発覚後に国交省内部で不適切な事後対応の問題があった。極めて遺憾だ」と話した。

第三者による検証委員会は14日に報告書をまとめた。国交省が都道府県に書き換えをやめるよう指示した後も一部の都道府県で続いていたと指摘した。

山際大志郎経済財政・再生相は書き換えに伴う国内総生産(GDP)への影響は「軽微だ」と改めて主張した。同統計は再計算しても変化が小さいうえ、GDPの算出に使うデータのひとつにすぎないと説いた。自民党の宮崎政久氏に答弁した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となります。関連の最新ニュースをご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン