/

首相「国際社会と連携して対応」 ロシア軍事作戦巡り

岸田文雄首相は24日、ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部で特別軍事作戦を実施すると発表したことを受け「情報の収集、事態の把握に全力で取り組む」と述べた。「主要7カ国(G7)をはじめとする国際社会と連携する」と強調した。

首相官邸で記者団に語った。現地の情勢について「緊迫している」と言及した。21日時点でウクライナにいるおよそ120人の邦人に関し「安全確保は重要な課題だ」と指摘した。「何が適切なのか状況をしっかり把握したうえで的確に対応していきたい」と話した。

首相は24日午前の参院予算委員会で「事態の改善に向け、日本の国益を考えて対応を打ち出す」と表明し、G7と足並みをそろえて追加制裁を検討する意向を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ情勢

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン