/

参院石川、4月24日に補選へ 山田修路氏が議員辞職

山田修路参院議員(石川選挙区)は24日、参院に議員辞職願を提出した。山東昭子参院議長が同日、辞職を許可した。同選挙区の補欠選挙は公職選挙法の規定に基づき2022年4月24日投開票で実施する。

19年参院選で改選した山田氏は任期を3年あまり残して辞職した。与野党にとって補選は22年夏に控える参院選の前哨戦になる。

山田氏は石川県の谷本正憲知事の任期満了に伴う22年3月13日投開票の知事選に出馬する意向だ。自民党の馳浩元文部科学相が立候補を表明している。

両氏は同じ自民党の安倍派に所属している。同一の派閥での分裂選挙は異例となる。

自民党の遠藤利明選挙対策委員長は24日、首相官邸で記者団に「党として大変困るのでお互い協力的な道をぜひ探ってほしいと言ったが、残念ながらきょうの事態に至った」と述べた。

参院の新たな会派別勢力分野は以下の通り。

自民党・国民の声110▽立憲民主・社民45▽公明党28▽国民民主党・新緑風会16▽日本維新の会15▽共産党13▽沖縄の風2▽れいわ新選組2▽碧水会2▽みんなの党2▽無所属7▽欠員3

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン