/

この記事は会員限定です

日米・クアッド、識者はこうみた

佐々江賢一郎・日本国際問題研究所理事長、折木良一・元統合幕僚長

[有料会員限定]

日米両国と日米豪印の「Quad(クアッド)」首脳による一連の外交日程が24日、終わった。外交と安全保障分野の識者に成果や見えてきた課題を聞いた。

佐々江賢一郎・日本国際問題研究所理事長「拡大抑止の強化、対中国で不可欠」

ロシアによるウクライナ侵攻で世界が大きく構造変化し、日本は米国とともにアジア諸国と一緒になって主要な役割を果たさないといけない。

今回の首脳会談で日米が同盟をもとに2国間やインド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン氏来日

岸田文雄首相との日米首脳会談や日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議、来日前の尹錫悦(ユン・ソンニョル)韓国大統領との会談などに関する最新のニュースと解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン