/

復興相、風評抑制に全力 福島県知事と会談

 福島県庁で内堀雅雄知事(左)と会談する平沢復興相(24日午前)=共同

平沢勝栄復興相は24日、福島県庁で内堀雅雄知事と会談し、東京電力福島第1原発の処理水放出に伴う風評被害抑制に全力を挙げる意向を伝えた。「福島の復興を妨げるようなことがあってはならない」と述べた。

放射性物質トリチウムをキャラクター化し、チラシや動画に使用した問題への直接の言及はなかった。平沢氏は面会後の取材に「今後は福島の皆さんの気持ちを常に考え、緊密に連携を取って進めたい」と語った。内堀氏は会談で情報発信の強化を求めた。

赤羽一嘉国土交通相も同日、原発事故からの復興状況などを把握するため福島県を訪問。双葉町で記者団に「地域の課題に対し、支援できることはしていきたい」と述べ、高速道路の4車線化や道の駅整備などに意欲を示した。

原発事故に遭った福島沿岸部は、復興事業で整備した道路によって周辺部とのアクセスが向上している。赤羽氏は、交流人口の拡大や産業集積などが期待できるようになったと指摘し、引き続き復興を後押ししていくと強調した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン