/

この記事は会員限定です

宣言解除後の行動制限緩和実験、13都道府県が申請

[有料会員限定]

西村康稔経済財政・再生相は24日の閣議後の記者会見で、政府が予定する新型コロナウイルス対策の行動制限緩和の実証実験について13都道府県が参加を申請したと明らかにした。緊急事態宣言解除後の10月を念頭に、ワクチン接種や陰性証明の提示などで飲食店やイベントなどの制限を緩める実験を始める方針だ。

22日までに北海道や大阪府、福岡県、沖縄県など13都道府県から実験参加の申請があった。西村氏は「各都道府県や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン