/

この記事は会員限定です

食料供給リスク、コロナで多様化 20年度農業白書

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は25日、2020年度の農業白書(食料・農業・農村の動向)を閣議決定した。新型コロナウイルス感染拡大の影響として、外出自粛要請を受けた消費者の買いだめでパスタや冷凍食品の欠品が一時発生した事例などを紹介。自然災害や家畜伝染病に加え、感染症も食料供給のリスクになると強調した。

農林水産省は食料の安定供給を確保するため、備蓄や増産のほか、関連事業者への経済的支援など必要な対応を継続する方針を明記し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン