/

コロナの一般疾病化、山際経財相「議論したい」

think!多様な観点からニュースを考える

山際大志郎経済財政・再生相は24日のNHK番組で、新型コロナウイルスへの対応を日常的な医療提供体制の中に位置づける検討について「議論は今すぐやれということなので、すぐやりたいと思っている」と述べ、前向きな姿勢を示した。政府のコロナ対策分科会が14日、政府に検討を求めていた。

新型コロナは感染症法に基づく入院勧告など厳格な措置をとることができる。結核などと同じ「2類」相当ともいわれる。これを季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げ、対策を緩めるよう求める声がある。

山際氏は「2類、5類という定型なものではなく、新型コロナの性状に合わせてどういう対応が適切なのか議論することが大事だ」と話した。重症化率が低下したオミクロン型の特性を踏まえて検討を進める考えとみられる。

分科会は「コロナを一疾病として日常的な医療提供体制の中に位置づけるための検討を始める必要がある」などと提言していた。医療現場や保健所の逼迫を防ぐため、「発熱外来」以外の一般医療機関で診察できるようにしたり、保健所への全数報告を見直すことなどが想定される。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン