/

入国前の現地検査免除、9月7日から 全数把握は見直し

岸田首相が表明

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は24日、新型コロナウイルスの水際対策について日本への入国・帰国時に求める海外での検査を9月7日から条件付きで免除すると表明した。医療機関や保健所の負担を減らすため感染者全員の詳細な情報を集める「全数把握」を見直す方針も示した。

首相公邸からオンラインで記者団の質問に答えた。日本へ来る際に求めている出国前72時間以内の陰性証明書を外国人も含めて不要にする。日本が指定したワクチンの3回接種を条件とする。国内外の感染状況や他国の水際措置を勘案して「段階的に緩和を進める」と話した。

現在1日2万人の入国者数の上限引き上げについては検疫体制の整備を進めて近く公表する。政府は1日5万人へ増やす方向で調整する。

主要7カ国(G7)で新型コロナ対策として入国者数を制限するのは日本しかない。訪日客の増加によるインバウンド消費の拡大は限定的になる。

国内の感染状況を把握する方法は変更する。現在は医師に陽性者全員の氏名や年齢、ワクチン接種歴などの情報を含む「発生届」を保健所へ提出させ、感染者数を確認している。医療機関や保健所の作業負担が重いため、発生届の対象を各自治体の判断で重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患がある人に絞れるようにする。

それ以外の感染者も人数は報告させ、引き続き全国や地域ごとの感染状況をふまえて対策をうてるようにする。「全数把握」はいずれは全国一律でやめる方向だ。

感染者が療養で待機する期間を短縮する方針も打ち出した。短縮幅は専門家の意見も踏まえ判断すると述べるにとどめた。政府内には症状がある人について現在の10日間を7日間に縮める案がある。

症状が軽い人への対応策では月内に検査キットの扱いをインターネットなどで購入できる一般用医薬品(OTC)と同等にすると明らかにした。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら
ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン