/

孤独・孤立対策の官民協議会が初会合 重点計画に反映

政府は24日、首相官邸でNPOなど民間支援団体を招いた「孤独・孤立に関するフォーラム」の初会合を開いた。新型コロナウイルスの影響で深刻になる孤独・孤立問題を集中的に議論した。年内にまとめる対策の「重点計画」に反映する。

会議には加藤勝信官房長官や、この問題を担当する坂本哲志少子化相が出席した。初回は子育てをテーマにひとり親や、子どもの貧困などについて話し合った。今後もテーマを変えながら有識者らと議論を重ねる。

民間からは子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」の小河光治代表理事や、4児を育てる俳優の杉浦太陽さんらが出席した。

新型コロナの影響で外出自粛が増え、若者を中心に孤独や孤立を感じる人が増えている。2020年の自殺者数は2万1081人と11年ぶりに増加した。

菅義偉首相は2月に孤独・孤立問題の担当相として坂本氏を指名した。新型コロナ禍と、女性や子供の自殺者数の増加に相関関係があるとみて、課題を整理している。

加藤氏は記者団に「官あるいは官民、そして民民、こうしたネットワークのつながりをしっかりと強化していきたい」と語った。坂本氏は「いただいた話をしっかり心にとどめながら政策立案に向けて取り組んでいきたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン