/

日韓外相会談 北朝鮮非核化で連携 歴史問題は平行線

 韓国の鄭義溶外相(左端)と会談する茂木外相(右端)=23日、ニューヨーク(外務省提供・共同)

茂木敏充外相は23日、訪問先のニューヨークで韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相と会談した。両氏は北朝鮮の非核化などで引き続き緊密に連携すると確認した。

茂木氏は50分間の会談で、北朝鮮の完全な非核化に向けた日韓、日米韓の提携を呼びかけた。元徴用工や元慰安婦などの歴史問題を巡り、韓国側の適切な対応を改めて要求した。鄭氏は韓国側の立場を主張し平行線をたどった。

両氏は日韓を健全な関係に戻し幅広い分野で協力できるよう、外交当局間の意思疎通を加速する方針で一致した。日韓外相会談は5月以来となった。

茂木氏は24日(現地時間23日)のオンライン記者会見で「率直で突っ込んだ意見交換ができた」と振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン