/

この記事は会員限定です

選挙違反、17年衆院選は最少46人 40年で300分の1未満

チャートで読む政治 選挙(9)

[有料会員限定]

4月25日投開票の参院広島選挙区再選挙は2019年参院選を巡る買収事件で有罪判決が確定した河井案里前参院議員の当選無効に伴うものだった。河井氏が所属していた自民党は「今度こそ信頼できる間違いのない人物を」と新人候補への支持を唱えた。

公益財団法人「明るい選挙推進協会」の資料によると、選挙期日後90日の時点における検挙数は17年衆院選で41件46人だった。件数と人数ともに最も少なかった。

40年ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン