/

この記事は会員限定です

柴田明夫・資源・食糧問題研究所代表「農地フル活用を」

ニッポンの統治・第2部 インタビュー

[有料会員限定]

――食料価格の高騰が止まりません。要因をどうみていますか。

「穀物や肉類、乳製品、砂糖などあらゆる品目の国際価格指数が過去最高圏に達している。需給の逼迫が背景にある。新型コロナウイルスの感染拡大からの経済回復で食料品の需要は高まっているが、サプライチェーン(供給網)の寸断が続き、調達が不安定になっている。そこにさらにウクライナ危機という地政学リスクが加わった」

――新興国の急速な経済成長による需...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニッポンの統治

例を見ない危機が頻発する時代に、ニッポンの統治の劣化が目立ちます。機能不全の在りかを検証し、修復の道を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン