/

この記事は会員限定です

経産省の大型政策、データ集め効果検証 まず半導体補助

EBPM定着目指す

[有料会員限定]

経済産業省は半導体の国内誘致補助金など多額の予算が伴う大規模事業で効果検証を実施する。経済学で用いられる因果推論モデルなどを活用し、施策が役立っているか分析し、結果をもとに政策を柔軟に見直す。欧米で広がるEBPM(証拠に基づく政策立案)の定着を目指す。

EBPMは2017年以降、経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)などで取り組み強化がうたわれてきたが、データや専門人材の制約から十分な効果検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン