/

この記事は会員限定です

肺がん手術、身体の負担軽減 薬物・放射線治療と連携

日経実力病院調査

(更新) [有料会員限定]

肺がんは国内のがんによる死亡数の中で最も多い。日本経済新聞が実施した実力病院調査では、がん診療連携拠点病院などの間で治療成績の格差が2.1倍あった。肺がんは進行すると転移しやすく、治療成績が大幅に下がる。調査で治療成績が高かった病院では早期発見から治療に結びつけるだけでなく、患者の身体的負担を少なくする手術を積極的に導入している。

2019年に肺がんで亡くなった人は約7万5千人で、がんの部位別で最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン