/

この記事は会員限定です

ワクチン接種の担い手確保策議論 厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は23日、次の感染症危機に備えたワクチン接種や検体採取の担い手確保の議論を始めた。新型コロナウイルス禍では迅速な接種につなげるため歯科医師らによる注射を特例として認めた。政府は今後の有事に備えた人材確保の仕組みを設ける方針で、医師や看護師以外の職種に担い手を広げる場合の要件などを詰める。

医療関係者や専門家による有識者会議を同日開き、検討を始めた。ワクチン接種は通常、医師と看護師ができ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません