/

自民幹部「本人から説明あると信じる」 前経産相疑惑

自民党の佐藤勉総務会長は23日、菅原一秀前経済産業相が「祝儀」などの名目で選挙区内の行事の主催者などに現金を提供した疑いを巡り「本人から当然のごとく説明をいただけるものと信じている」と述べた。記者会見で「しっかり説明責任を果たしてもらうことが大切だ」と指摘した。

自民党の世耕弘成参院幹事長は25日投開票の参院広島選挙区の再選挙に言及した。「影響はない。(自民党公認の)候補者は政治とカネのしがらみが全くない」と強調した。

菅原氏は有権者に香典などを提供したとして公選法違反容疑で告発され、特捜部が不起訴処分(起訴猶予)としたが、東京第4検察審査会は「起訴相当」と議決した。

立憲民主党の枝野幸男代表は「政治責任を負うべき問題だ」と語った。

加藤勝信官房長官は「捜査中の個別事件の具体的な内容について政府として答えることは控える」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン