/

この記事は会員限定です

食料の輸出規制、世界取引の2割に 情勢不安のリスクも

[有料会員限定]

各国で輸出規制の対象となっている食料がカロリーベースで世界の取引量の2割近くにのぼっている。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で食料の供給不安が高まり、25カ国が自国への供給を優先しているためだ。小麦やトウモロコシの価格も高止まりしており、長期化すれば食料不足に陥る人が出るだけでなく、地域の情勢不安につながるリスクもある。

米シンクタンク、国際食糧政策研究所(IFPRI)が世界の輸出シェアから集計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン