/

97~05年度生まれ無料で接種、HPVワクチン 厚労省

think!多様な観点からニュースを考える

厚生労働省は23日、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンについて、従来の対象者とは別に1997~2005年度生まれの女性が無料で接種を受けられるようにすることを決めた。同日の専門分科会が了承した。

接種を受けられる期間は22年4月から25年3月の3年間で、自治体に対象者への予診票の送付を求める。

HPVワクチンの接種は現在、小学校6年~高校1年相当の女子が無料で受けられる。厚労省は13年6月から中止していた積極的な勧奨の再開を21年11月に決めた。これを受け、自治体が22年4月をめどに順次再開する。

積極的な勧奨を中止していた間に接種対象だった9学年に対して、未接種で希望する人への救済策として無料で接種機会を確保する。救済接種を実施する期間に従来の接種年齢から外れる06~07年度生まれも24年度までに順次、対象に含める。対象人口は数百万人規模になる見通しだ。

HPVは性交渉で感染する。16歳以下の接種が望ましく年齢が上がるとワクチンの効果は落ちるとされる。救済接種の対象者にはワクチンの有効性や安全性、子宮頸がん検診などの情報を提供し、接種するかどうかを判断してもらう方針だ。

厚労省は接種後の痛みや運動障害などの報告を受けて予診票の送付など積極的な勧奨を中止していた。生年度別の推定接種率は97~99年度生まれは7~8割程度だったが、2000年度は14.3%、01年度は1.6%、02~06年度生まれは1%未満にとどまっている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン