/

首相、3度目緊急事態「申し訳ない」 衆院厚労委

衆院厚労委で答弁する菅首相(23日午後)

菅義偉首相は23日の衆院厚労委員会で、新型コロナウイルスに対応する3度目の緊急事態宣言の発令について陳謝した。「大変申し訳ない思いだ」と語った。

首相は前回の緊急事態宣言の解除時に「再び緊急事態宣言を出すことがないよう対策するのが責務だ」と語っていた。首相は厚労委で当時について「大阪府や兵庫県で変異株が出ていなかった」と説明した。

今回の宣言は「多くの方が休みに入る機会を捉え、強力な対策を短期集中的に実施する」と説明した。立憲民主党の山井和則氏への答弁。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン