/

この記事は会員限定です

原油高対策、灯油・重油も 自民・公明・国民が協議

トリガー条項課題多く

[有料会員限定]

自民、公明、国民民主の3党は23日、原油価格高騰の対策に関する実務者の初協議を開いた。ガソリン税を一時的に下げる「トリガー条項」の適用対象になるガソリンや軽油以外の灯油や重油でも対策が必要だとの認識で一致した。現状の補助金での価格抑制は市場の競争をゆがめる懸念がある一方、トリガー条項にも課題は多く慎重な検討が欠かせない。

3党の税制調査会幹部が23日、国会内で協議した。自民党は加藤勝信小委員長、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン