/

この記事は会員限定です

乳がん、薬物治療の支援不可欠 選択肢多く専門医が連携

日経実力病院調査

[有料会員限定]

乳がんは年々増加しており、新規患者数が年約9万人超と女性のがんで最も多い。日本経済新聞が実施した実力病院調査では、がん診療連携拠点病院などの間で進行度や平均年齢が同じでも生存率に大きな格差があった。乳がんは治療の選択肢が多い。治療成績の高い病院では複数の専門家の連携に加え、薬物療法などの標準治療を最後まで続けられるよう支える体制を整えている。

乳がんは他のがんに比べて30代後半から40代にかけて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン