/

この記事は会員限定です

「敵基地」より「反撃能力」を 折木良一氏

安保戦略改定 焦点を聞く) 元統合幕僚長

[有料会員限定]

国家安全保障戦略の改定に向け2021年秋に独自の提言を発表した。元防衛次官や陸海空の元自衛隊幹部が集まり議論を重ねた。①「安全保障」概念の拡大②米中間の戦略的競争の激化③先端技術④気候変動――の4本柱とした。

まず経済安保の位置づけだ。経済安保は現行の戦略に文言がなく概念が曖昧となっている。新技術だけに重点を置くと、かえって何を守るべきか焦点がぼけてしまう。防衛力を支える重要な要素である防衛産業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン