/

サイバー対策強化呼びかけ 経産省、ロシア報復を警戒

経済産業省は23日、国内企業や業界団体にサイバー攻撃対策を強化するよう呼びかけた。ウクライナ情勢をめぐる経済制裁への報復で、ロシアが攻撃してくる懸念があるためだ。本人認証の強化やデータのバックアップなどを求めた。

岸田文雄首相は同日、ロシアによるウクライナ東部の親ロシア派支配地域の独立承認を理由に制裁に踏み切ると表明。各国による制裁の報復措置として、ロシアがサイバー攻撃をしたりロシアのふりをした第三者の攻撃が増えたりする可能性があると判断した。

経産省は産業界にパスワードの脆弱性の確認などで本人認証を強化するよう求めた。メールの添付ファイルを不用意に開かないことや、情報端末への最新のセキュリティー対策を訴えた。攻撃の足がかりとなる可能性のある海外拠点の対策も呼びかけた。

ロシアは1月中旬にウクライナの政府機関が受けた大規模なサイバー攻撃などに関与していると指摘される。日本でも2012年の政府による尖閣諸島の国有化で日中関係が悪化した際にサイバー攻撃が増えるなど報復が疑われる例が過去にあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン