/

この記事は会員限定です

地方交通「存廃ありきの議論脱す時」 自民・赤沢亮正氏

永田町政策マップ インタビュー

[有料会員限定]
地方の鉄道やバスなど公共交通の経営は厳しさを増す。公共交通網に関する自民党の議員連盟で会長代理を務め、旧運輸省(現国土交通省)出身の赤沢亮正氏に解決の糸口や必要な支援策を聞いた。

公共交通の問題に取り組むきっかけは運輸省出身であることに加え、地元の鳥取県でJR米子駅のバリアフリー化などを進めてきた経験がある。ライフワークといっても言い過ぎではない。

地方の公共交通機関は急速な人口減少や東京への一極...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン