/

この記事は会員限定です

参院石川補選、自民が勝利 野党共闘なき夏の前哨戦

[有料会員限定]

自民党参院議員の辞職に伴う参院石川選挙区の補欠選挙は24日投票で、即日開票した。自民党前職で公明党推薦の宮本周司氏が立憲民主党の新人らを破り当選を決めた。立民と共産党がそれぞれ候補を立て、夏の参院選へ野党共闘なき前哨戦となった。

補選は3月の石川県知事選に立候補した山田修路氏が参院議員を辞職したことを受けて実施した。2021年10月の衆院選後、初めての国政選挙となり与野党は幹部を石川選挙区に派遣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン