/

この記事は会員限定です

建設統計の検証委、午後に初開催 国交省

(更新) [有料会員限定]

「建設工事受注動態統計」を書き換えていた問題で、国土交通省は23日午後に都内で検証委員会の初会合を開くと発表した。不適切な集計が続いてきた経緯や原因などを調べ、来年1月中旬までに検証結果をまとめる。

委員長は寺脇一峰・元大阪高検検事長が務める。寺脇氏を含め元検事や弁護士、有識者ら6人の委員で構成する。

岸田文雄首相が統計問題の全容解明に向けて第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン