/

この記事は会員限定です

値上げ巧みなハンバーガー、価格は20年で3割上昇

[有料会員限定]

デフレに長い間、苦しむ日本でハンバーガーの価格がやや特異な動きを見せている。原材料の値上がりをうまく転嫁し、価格はこの20年あまりで3割ほど上がった。カフェスタイルの導入など店舗イメージを変え、他の外食より消費者の価格引き上げへの抵抗感を和らげている面がある。高価格帯の商品が人気を集めているのも、デフレと縁遠い要因のひとつと言えそうだ。

「ハンバーガー59円」「チーズバーガー79円」――。日本マクドナルドホールディングス

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1880文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

暮らしの身近にある品物、様々なサービスの値段に着目。家計の目線でビジネスや消費の変化に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン