/

この記事は会員限定です

二大政党、喪失10年の先 野党の安保対応が試金石

風見鶏

[有料会員限定]

岸田文雄首相が就任後初めての通常国会。序盤の論戦は首相が質問をいなす場面が目立ち、白熱しているとは言い難い。むしろ目につくのは、夏の参院選を見据えて次の立ち位置を探る野党の姿だ。

国民民主党は日本維新の会と幹部会合を重ねる。衆院選で躍進した維新と協調し、野党で「中道・保守の改革勢力」の位置取りを狙う。

玉木雄一郎代表は地域政党「都民ファーストの会」と協力関係を築く協議も始めた。都民フの特別顧問は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン