/

茂木外相「台湾のTPP加盟申請を歓迎」 米には復帰促す

(更新)
茂木外相は「台湾は密接な経済関係を有する極めて重要なパートナーだ」と強調した

訪米中の茂木敏充外相は23日(現地時間22日)のオンライン記者会見で、台湾の環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟申請について「歓迎したい」と語った。

「台湾は自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、密接な経済関係を有する極めて重要なパートナーだ」と強調した。「台湾がTPPの高いレベルを完全に満たすかどうかしっかりと見極める必要がある」とも説明した。

茂木氏は中国による加盟申請に関しては「高いレベルを満たす用意ができているかしっかり見極める必要がある」と述べるにとどめていた。「歓迎」といった表現は使わなかった。

外務省の発表によると、茂木氏は記者会見に先立つブリンケン米国務長官との会談で米国のTPP復帰を促した。トラス英外相とも会い、英国のTPP加入交渉について話し合った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン