/

この記事は会員限定です

異例の保守3分裂 石川県知事選、安倍元首相の説得不発

背景に自民「森奥戦争」の歴史

[有料会員限定]

石川県知事選が24日、告示された。自民党で同じ派閥に所属した国会議員2人に加え、前職の金沢市長がくら替えして立候補する。保守系が三つどもえで争う異例の選挙になる。同県を地盤とした森喜朗元首相と故奥田敬和元運輸相の過去の対立劇が再燃した。

7期目を務める現職の谷本正憲氏の任期満了に伴う選挙だ。新日本婦人の会県本部長で共産党推薦の飯森博子氏、山野之義前金沢市長、山田修路前参院議員、日本維新の会が推薦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン