/

この記事は会員限定です

衆院選小選挙区 当選者の女性比率、最高は新潟の3割

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

今回の衆院選に立候補した女性は186人で、全候補者に占める割合は17.7%と2割に満たない。日本の衆院議員の女性比率は先進国で最低水準の1割程度だ。過去8回の衆院選データからは女性の政治進出を巡る地域差が浮かび上がる。

小選挙区比例代表並立制になった1996年以降8回の衆院選について日本経済新聞社が全選挙区、全候補者のデータをまとめた。これを基に都道府県ごとの女性の立候補や当落の状況を富士通のデータサイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン