/

この記事は会員限定です

日印首脳会談、デジタル協力推進 「現状変更反対」共有

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=竹内宏介】菅義偉首相は23日夕方(日本時間24日午前)にワシントンに到着し、インドのモディ首相と会談した。中国が影響力を強めるデジタルの分野などで協力を進める方針で一致した。首相は具体的には高速通信規格「5G」や海底ケーブルをあげた。

両氏はインド太平洋地域を巡り「経済的威圧や、東シナ海・南シナ海における力による一方的な現状変更の試みへの強い反対の意」を共有した。中国と名指しはしなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン