/

この記事は会員限定です

コロナワクチン、国内治験を簡素化 より少人数で可能に

[有料会員限定]

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)をめぐり、より簡素化した有効性の評価方法を示した。接種後に体内でできる抗体の量を既存のワクチンと比べる方式を認める。より少ない参加人数で実施できるようになる。国内で接種が進む中、国産ワクチンの治験を進めやすくする狙いがある。

新方式については厚労省やPMDAなど世界各国・地域の薬事規制当局が集まる国際組織(IC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン