/

この記事は会員限定です

創薬、受け皿広く顔ぶれ多彩 安全と革新両立探る 

永田町政策マップ

[有料会員限定]

「後発医薬品をはじめ不採算に追い込まれる製薬会社が増える恐れがある」。自民党の山田美樹氏は2月の衆院予算委員会で、岸田文雄首相らを前に力説した。

苦境の要因に原材料価格の高騰と度重なる薬価引き下げをあげた。山田氏は党議員連盟「ジェネリック医薬品(後発薬)の将来を考える会」で事務局長を務める。

後発薬は患者にとって先発薬より価格を抑えられる利点がある。政府は後発薬の普及に向け2017年に「20年9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン